読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vimのplugin追加

vim

Vimの機能に最近満足しなくなってきたので、pluginを導入しました。
今のところ二つ。neobundleインストールしたら他のpluginもついてきました。

階層構造

.vimrcに追記したのは以下のコード

"------ neocomplcacheの設定------
 " 補完ウィンドウの設定
 set completeopt=menuone

 " 起動時に有効化
  let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1

 " 大文字が入力されるまで大文字小文字の区別を無視する
 let g:neocomplcache_enable_smart_case = 1

 " _(アンダースコア)区切りの補完を有効化
 let g:neocomplcache_enable_underbar_completion = 1

 let g:neocomplcache_enable_camel_case_completion  =  1

 " ポップアップメニューで表示される候補の数
 let g:neocomplcache_max_list = 20

 " シンタックスをキャッシュするときの最小文字長
 let g:neocomplcache_min_syntax_length = 2

 " ディクショナリ定義
 let g:neocomplcache_dictionary_filetype_lists = {
     \ 'default' : '',
     \ }

 if !exists('g:neocomplcache_keyword_patterns')
         let g:neocomplcache_keyword_patterns = {}
 endif
 let g:neocomplcache_keyword_patterns['default'] = '\h\w*'

 " スニペットを展開する。スニペットが関係しないところでは行末まで削除
 imap <expr><C-k> neocomplcache#sources#snippets_complete#expandable() ? "\<Plug>(neocomplcache_snippets_expand)" : "\<C-o>D"
 smap <expr><C-k> neocomplcache#sources#snippets_complete#expandable() ? "\<Plug>(neocomplcache_snippets_expand)" : "\<C-o>D"

 " 前回行われた補完をキャンセルします
 inoremap <expr><C-g> neocomplcache#undo_completion()

 " 補完候補のなかから、共通する部分を補完します
 inoremap <expr><C-l> neocomplcache#complete_common_string()

 " 改行で補完ウィンドウを閉じる
 "inoremap <expr><CR> neocomplcache#smart_close_popup() . "\<CR>"

 "tabで補完候補の選択を行う
 inoremap <expr><TAB> pumvisible() ? "\<Down>" : "\<TAB>"
 inoremap <expr><S-TAB> pumvisible() ? "\<Up>" : "\<S-TAB>"

 " <C-h>や<BS>を押したときに確実にポップアップを削除します
 inoremap <expr><C-h> neocomplcache#smart_close_popup().”\<C-h> " 現在選択している候補を確定します
 inoremap <expr><C-y> neocomplcache#close_popup()

 " 現在選択している候補をキャンセルし、ポップアップを閉じます
 inoremap <expr><C-e> neocomplcache#cancel_popup()

※neobundleインストール後、vimprocのコンパイルではまった

参考
ワシのVimプラグインは百八式まであるぞ - daisuzu's notes
neobundle.vimについて+おまけ
Shougo/neobundle.vim · GitHub
Shougo/neocomplcache · GitHub
autocomplpop.vimでリアルタイムにキーワード補完 - ナレッジエース